黒クマを消すコンシーラーの色・カラーはコレ!

 

目の下にできてしまったクマ、どのようにカバーしていますか?

 

多くの人はコンシーラーなどを使ってカバーしているのではないでしょうか。

 

しかし、自分のクマにあってないものを選んでしまっていると余計にクマが目立ってしまうということにもなりかねません。

 

クマの種類によって、最適な化粧品を選ぶことで上手に隠していきましょう。

 

 

クマの種類には、青クマ・黒クマ・茶クマ・赤クマの4種類があります。

 

ここでは、特に黒クマについて説明していきたいと思います。

 

 

 

鏡をもって上を向いたときに薄くなるクマが、黒クマです。

 

加齢により皮膚がたるむことで、へこみや影ができクマのように見えてしまいます。

 

 

青クマ・茶クマなどとは違い実際に皮膚に色がついているわけではありません。

 

このクマをカバーするのにおすすめの色は、ベージュ・オークル・パール系のものです。

 

クマが薄いものであれば、パールが入った明るいタイプのものを使用し、明るさをだすようにメイクするのがおすすめです。

 

コンシーラーを使う場合には筆タイプのや、やわらかいリキッドタイプのものは、目元に負担がかかりにくいのでおすすめです。

 

 

また、塗るときには薄く広くなじませるようにしましょう。

 

塗った後の仕上げには余分な油分をスポンジなどで軽く取り除き、フェイスパウダーを軽くのせます。

 

そうすることで、クマを隠した部分がサラサラになり、ファンデーションを重ねてもよれにくくなります。

 

塗りすぎることで、余計に黒く見えてしまうこともあるので、カバーすることが難しいときには、リップやアイメイクなどでクマ以外の場所に視線が行くようにメイクするのもいいのではないでしょうか。

 

 

加齢により目元がたるんできてしまうことでできるクマなので、コンシーラーで隠すだけではなく、目元パックでエイジングケアをしたり、日焼け止めなどで紫外線予防をしたり、クマ専用のアイクリームを使って根本的な黒クマのケアをすることも重要です!

 

自分に合った化粧の仕方を見つけて、気になる黒クマをしっかりケアすることも忘れないようにしましょう!

 


加齢による目のクマの原因を
根本的に解決するアイクリーム登場!
今なら全額返金保証付き!
↓↓詳細はこちら↓↓