茶クマを隠すコンシーラーの色・カラー選びならコレ!

 

目の周りのこすりすぎによる色素沈着や、肌の乾燥、日焼けによるしみやくすみが原因でおきてしまう茶クマ。

 

このクマがあるせいで、実年齢より老けて見られたり、疲れているようにみえることがあります。

 

クマは原因になる要素を減らしたり、毎日のケアで改善することができますが、毎日外出したり誰かと会ったりするのに、クマが消えるまで待つことはできませんよね。

 

 

 

それならば、メイクでクマを上手に隠すのも1つの方法!

 

 

 

クマを隠すには、メイクのベースとなるコンシーラーが鍵です。

 

これは、小鼻の赤み消しや口の輪郭を整えるなどのベースメイクの調整だけでなく、クマを含めたお肌トラブルをカバーして肌色を均一に見せて、立体感を表現できるすぐれものです。

 

 

それでは、選ぶときのポイントはなんでしょうか?

 

 

それは、「色」です。

 

 

クマの種類によって合う合わないがありますが、茶クマの場合、イエロー系のものを使うといいでしょう。

 

 

実は、コンシーラーは肌のカラーより若干暗めを選ぶといいといわれています。

 

 

このカラーをファンデーションのカラーに合わせたものにしてしまうと、白さがきわだちすぎて浮いてしまいかねないからです。

 

 

なので、あなた本人の地肌のカラーに合わせたものを選びましょう。

 

肌のカラーが黒めの人は、これにダークベージュをあわせてみることもポイントです。

 

 

また、メイクするときにありがちな、たくさんつけすぎてしまうことです。

 

クマを隠そうとしてたくさんつけてしまっては、ファンデーションやフェイスパウダーを使ったあとに、よれてしまいます。

 

これでは、どんなに合ったカラーのものを選んでも、逆効果がえられません。

 

気になるところに、やさしくなじませるようにのせるようにしましょう。

 

 

 

人の印象をきめる重要な要素の目にある「クマ」も、あなたにあったカラーのものを使うことで、見事に隠すことができるうえに、メイクのベースもできます。

 

地肌にあわせたコンシーラー選びで、もっと綺麗になりましょう!

 

 


茶クマの原因となる「加齢による皮膚痩せ」を
根本的に解決するアイクリーム登場!
今なら全額返金保証付き!
↓↓詳細はこちら↓↓